住宅ローンの借り換えがめんどくさい

我が家は住宅ローンを組んでいますが、一応それに加えてまとまったお金を繰り上げ返済にまわしています。

 

借り換えも考えましたが契約し直しがめんどくさいですし、何より諸費用が思ったよりも高額だった事が驚きです。

 

借入れ金額と返済できる年月で随分差はあるものの、それでも○十万。。。こんなに支払えません!

 

私の様に諸経費を気にして、乗り換えよりも繰り上げ返済で押していく人達も結構いるのでしょうね。

 

でも繰り上げ返済にも落とし穴があるので注意が必要みたい!私の性格上、少しでもお金が貯まったら繰り上げ返済してしまいます。毎年繰り上げ返済の目標を立てているのですが、その目標が結構難しくて毎年年末になると焦ってくるのです。

 

 

今年は無理だと決 めても、目標を決めた以上頑張らなくては気が済まない私。
そのうちに過剰な早期返済を推し進め、貯蓄にまで手が回らなくなっていました。

 

 

 

子供の習い事をやめさせるべきか本気で悩んでいる私です。このまま無理に繰り上げ返済するよりは、借り換えをしてローンを組み直し、金額的に返済し易くなれば良いなって改めました。

 

 

我が家は1%未満の変動金利ローンですので、金利が低いうちに10年固定へ借り換えを検討しています。

 

我が家以外で例えば固定金利タイプのローンを組んでいる人、金利水準が下がっているので今がチャンスです!

 

ぜひ私の様にシュミレーションしてほしいと思います。さて私の住宅ローン借り換えですが、借り換えにずっと渋っていた理由は保証料でした。

 

 

結構費用が高いの がネック・・・だったのですが、最近は保証料を取らない銀行が増えてきました。他にも元の銀行から残りの期間分は返ってくるとかあって、それだと半分は返ってくるので随分楽になりそうです。

 

借り換えは、諸費用がかかるため、よく金利差1%以上ないと効果がないとも言われ、まずは繰り上げ返済を考える人が多いようです。
しかし、最近では諸費用のうち多くを占める保証料が不要のローンも登場しており、僅かな金利差でも、借り換えの方が効果が出る場合があります。繰り上げ返済用資金があるのなら、元本を減らして借り換えをでは、どのくらいの金利差があれば、借り換えの方が効果が出るのか見てみましょう。

 

住宅ローン借り換え まとめ

 

おまとめローンのブラックリスト

おまとめローンですが、まず避けて通れないのが審査です。この審査に通るか通らないかで今後の利用状況が一変します。

 

人生にも関わるほとの事だと心得て下さい。
では肝心の審査内容とはどの様なものなのでしょうか?

 

 

各銀行や消費者金融によって多少の違いはありますが、一番肝心なのは収入面で基礎となる年収・勤務先・勤続年数です。

 

勤続年数の最低ラインは半年といったところで、他の条件はクリアしているのに、勤続年数が3ヵ月というだけで審査に落ちる人は結構います。勤続年数が1年未満の人は、もう少し時期をみて申し込む方が審査に通り易くなるでしょう。

 

 

焦りは禁物、タイミングが大事なのです。他には住居状態や家族構成、持ち家か否か、固定電話の有無もあります。携帯電話よりは固定電話の方が有利です。

 

 

次に審査されるのは、俗にいう「ブラックリスト」に挙がっているか否かです。

 

例えば3ヵ月以上返済が遅れている場合や自己破産などの法的処理が行われた事がある、これらの経験がある人は事前に自分で調べてみて下さい。そしてもう1つ、おまとめローンの申し込み履歴が1ヵ月以内に連続で3社以上ある場合、審査が通りにくくなります。“よっぽどお金に困って手当り次第に申し込んでいる人”だと思われてしまうのです。

 

 

やはり総合的に収入が安定している方で、安心した信頼感が得られる人が審査に通りやすいと言えそうですね。年齢が若すぎても審査に通らない事があります。他では、実際に審査を申し込む時に服装が乱れまくっていたり、不潔感満載の髪形だったりでは印象が悪いです。

 

 

出来る限り安心感を得られる様に清潔なイメージで臨む事をお勧めします。

 

上手な借り換えは、e借り換え.biz

更新履歴